イラスト

直腸がんの基本情報や予防のための食生活をお教えします

直腸がんの基本を知ろう

直腸がんは比較的死亡率の高いがんとなっていますから、予防していくことが大切となってきます。直腸がんを予防するためには食生活を見直したり、基本的な知識を確認しておく必要があるでしょう。

食事を見直しましょう

直腸がんを防ぐためには、食生活を見直すことが必要となってきます。食事は腸内環境に大きな影響を与えるものですから、その内容をきちんと検討することが大切となってくるのです。以下では直腸がんを予防する食生活について解説していきます。これからの健康を考慮して、ぜひ参考にしてみましょう。

直腸がんを予防するための食生活

食事はきちんと摂ること

あなたは食事をきちんと摂っているでしょうか。中には忙しいからと朝食を摂らないような方がいらっしゃるかもしれません。直腸がんを予防するためには、食事をきちんと摂ることが大切となってくるのです。そして一日における適量を守ることも大切となります。食事を食べすぎてしまう事で、肥満を招いてしまうからです。

肉類を摂りすぎない

肉類を食べることが多いという方は、食生活を見直していく必要があるでしょう。特に牛や豚といったお肉を摂取しすぎることで、直腸がんのリスクを高めてしまう事があるのです。さらに加工された肉(ソーセージやハム)を摂ることも、直腸がんを招く原因を作ってしまう事があります。そのため肉を魚に置き替えると言った心がけを行うようにしましょう。肉類を控えて、腸内の状態を整えていくことが大切となってくるのです。

食物繊維を積極的に摂る

食物繊維は腸にとって良い役割をしてくれるものです。腸内に存在している悪玉菌の作用をおさえ、善玉菌の作用を助けてくれるのです。したがって便秘を改善させるためにも、食物繊維の働きが有効となるでしょう。食物繊維が含まれている食材として挙げられるのが芋、大豆といった豆、ワカメや昆布といった海藻となっています。食材によって食物繊維の含有量が異なってきますから、食物繊維が摂れる食材をいくつか摂取することが望ましいのです。

和食を中心として

和食は直腸がんを予防する食事として理想的なものとなっています。直腸がんを予防するためには脂肪を摂りすぎないこと、そして食物繊維を多く摂ることが理想となっています。和食はその条件をクリアしたメニューが多いのです。和食に用いられる味噌、醤油といった大豆から作られている料理は腸内にとって良い働きをしてくれるものですから、大豆が使用されたメニューを摂る事が望ましいと言えます。和食は塩分を摂りすぎてしまう危険もありますから、塩分を摂りすぎないように心掛けましょう。

[PR]

進行してる直腸がんでも治療可能☆
療法を受けるメリットを要チェック! 浦安で夜間診療をしているクリニック
仕事帰りでも気軽に受診可能

直腸がんとは?

病院

直腸がんの基本

直腸がんは大腸がんに分類されるものとなっています。大腸がんと直腸がんの原因はほとんど違いが無いと言われている為です。日本ではおよそ5万人以上もの方が大腸がんを発症していると言われており、大腸がんの男女比を確認してみると、男性の割合が女性よりやや高いものとなっています。そして大腸がんの半分近くが直腸がん患者だと言われているのです。大腸がんは死亡率も比較的高いがんとなっており、特に女性の死亡率が非常に高いものとなっています。近年では食生活の変化といった影響から、大腸がんが増加することが予想されています。そして大腸がんを発症してしまう事によって、腸を切除するような必要がでてくる場合もあります。したがって、術後には機能的な障害が発生してしまうような事もあるでしょう。

直腸がんの原因

直腸がんはどうして発症してしまうのかというと、その主となる原因は良く分かっていないのが現状となっています。しかし脂肪の摂りすぎなどが直腸がんの発症に大きな影響を与えているとされているのです。そして喫煙などで腸内に悪影響を与えてしまい、直腸がんのリスクを高めてしまうという統計も存在しているものです。そのため直腸がんの原因に関わっているものは、腸内の環境を悪くしてしまうものと言えるのです。例えば過剰な飲酒を行うことも挙げられるでしょう。直腸がんのリスクを高める原因として言われているのは、その他にも存在しています。例えば運動不足であること、肥満であること、遺伝なども要因の1つと言われているのです。